外国人技能実習の会

その他
07 /14 2018
外国人技能実習制度について情報交換できる場が欲しいなと思って、FBのグループを作成しました。当初のメンバーは6~7人だったのですが、現在265名となっております。有意義な情報交換の場にしたいと思っています。
メンバーは社労士さんが大部分ですが、いろいろな立場からの意見交換が理想なので、他の士業や監理団体・実習実施機関・送出機関勤務の方の加入も大歓迎です。
スポンサーサイト

7月の執筆・セミナー

セミナー・執筆
07 /12 2018
日本法令の月刊ビジネスガイド「相談室」で執筆致しました。
その他7月は「社労士のための外国人労働者の労務管理」というセミナーもやります。試験的にライブ配信されるそうで、私の映像&音声で「ライブ配信ダメだね」と判断されないよう気をつけたいと思います(^-^;
IMG_4776[1]

6月の執筆・セミナー

セミナー・執筆
06 /09 2018
日本法令の月刊ビジネスガイド「相談室」と税経通信「外国人従業員の税務・労務」で執筆致しました。税経通信の執筆は7年ぶりです。
この他、商工会議所で算定・年度更新の手続解説のセミナー、都内と大阪で外国人技能実習制度における養成講習の講師もやっております。2年ぶりの大阪でのお仕事で食事が楽しみ(^^♪
IMG_4577[1]

「クラウド型給与計算ソフトでの給与処理」

セミナー・執筆
05 /18 2018
というタイトルの記事を日本法令のビジネスガイドで執筆致しました。
 給与計算の仕方についての記事や書籍は世間にあふれているけど、給与計算ソフトの使い方についての記事はあまり見ないのが現状です。実は給与計算のアウトソーシング会社に勤務しているベテラン給与計算担当者は高いスキルを持っていたりするのですが、そのノウハウはあまり書籍化されていません。アウトソーシング会社の給与担当者は、大量の給与計算処理に日々追われていて時間がないですし、そもそも普通の会社員なので記事や執筆の依頼が来ることもないからです。会社側も執筆だのコンサルだの余計なことはしなくてもいいから、一件でも多く給与計算処理をやってくれ、というスタンスであることがほとんどです。勿体ないなと思います。
 というわけで、アウトソーシング会社の勤務経験がある社労士である私が、給与計算について書いてみようと思ったのが、日本法令から出版された「給与計算標準ハンドブック」であり、そのご縁で執筆させていただいているのが、月刊ビジネスガイドの「相談室」での連載です。アウトソーシングの現場を経験した人でないと気づかない情報などを、今後も書いていきたいと思っています。
IMG_4506[1]

技能実習制度 監理団体の取材記事掲載

その他
05 /10 2018
社会保険労務士会 新宿支部の広報委員を担当しております。先日、都内の監理団体の取材した記事が掲載されました。
技能実習というとネガティブなニュースを聞くことも多いのですが、前向きに頑張っている団体もたくさんあります。私が講師をしている技能実習の養成講座でも、皆さん真面目に講義に参加してくださっています。明るいニュースをたくさん届けて、技能実習制度の良い面についても多くの方に知っていただければと思っています。

永井知子 / Tomoko Nagai

 特定社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー。青山学院大学大学院 法学研究科修士課程(ビジネスロー)修了。
 2004年社会保険労務士試験に合格。アウトソーシング会社で10年以上、主に外資系企業の社会・労働保険手続、給与計算、労務管理などを担当。会社員として勤務しながら、雑誌の記事執筆、書籍の出版、セミナー講師などを数多く経験しているが、そのほとんどは会社経由での依頼ではなく、指名での依頼。
 外資系企業・外国人経営者・従業員向けの英語対応、英文雇用契約書・英文就業規則、労務コンサル、人事・評価制度作成、海外赴任規程作成、給料計算、上場を目指す企業の労務監査、確定拠出年金制度の導入サポートなど幅広い業務に対応。

現在、医療経営士試験の勉強中。