FC2ブログ

外国人受け入れのこれからの課題

セミナー・執筆
06 /27 2019

外国人雇用について、@人事のHPで書かせて頂きました。
政府の施策に対して批判も多いですが、単に文句を言うだけなら子供でもできる。そんなことより少しでも先へ進めるため、改善するためにはどうすればいいか、ということを私は常に考えています。
普段は事務的に淡々とした文章を書くことが多いのですが、今回は他の社労士の先生のコーディネイトにより、私の思いが表せた記事となりました。

なお、この投稿のリンクの画像として未来友さんのPRが出ております。このセミナーに先週私も出席しましたが、技能実習の目的である「人づくり」をそのまま実行していて素晴らしいなと思いました。
外国人雇用については手続・テクニック的な説明も多く、それはそれで参考になりますが、受け入れるのは「労働力」ではなく「人間」なので、その点取り違えてはいけないと思っています。(実際のところ、そこをすっ飛ばして考えている企業さんも多いと思うのです。。)

https://at-jinji.jp/expertcolumn/184

スポンサーサイト

永井知子 / Tomoko Nagai

 特定社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー。青山学院大学大学院 法学研究科修士課程(ビジネスロー)修了。外国人技能実習適正化事業 適正化指導専門家。
 2004年社会保険労務士試験に合格。アウトソーシング会社で10年以上、主に外資系企業の社会・労働保険手続、給与計算、労務管理などを担当。会社員として勤務しながら、雑誌の記事執筆、書籍の出版、セミナー講師などを数多く経験しているが、そのほとんどは会社経由での依頼ではなく、指名での依頼。
 外資系企業・外国人経営者・従業員向けの英語対応、英文雇用契約書・英文就業規則、労務コンサル、人事・評価制度作成、海外赴任規程作成、給料計算、上場を目指す企業の労務監査、確定拠出年金制度の導入サポートなど幅広い業務に対応。