FC2ブログ

社労士試験合格発表

その他
11 /11 2016
 今日は社労士試験の合格発表でした。去年の2.6%よりは緩くなったとはいえ、合格率4.4%とは、やはり厳しい試験だと思います。

 私が合格したのは2004年なので、10年以上前になります。当時は今ほど個人情報管理が厳しくなかった時期なので、ホームページに合格者の受験番号だけでなく氏名まで掲載されていました。
 私は、自分は絶対落ちていると思っていたので、合格発表の当日はHPはあえて見ないようにして、ひたすら黙々と仕事をしていました。そのうちに会社の人事担当者が「永井さん、合格してましたよ」と伝えに来てくださいまして、その後、社内の何人かからも「おめでとう」と言われました。しかし私は、永井知子なんてよくある名前だから、同姓同名の別人かもしれない。。と半信半疑でおりました。会社の人たちにも「人違いかもしれませんから、週末、家で確認して、週明けに報告します」と答えたのを覚えています。。
 翌日、確か配達記録便で合格証が自宅に届きました。封を開けて合格を確認した時に、やっと実感がわきました。そして週明けの月曜日に勤務先に「ちゃんと合格してました。ありがとうございました」と報告したのを記憶しています。昔からワンテンポずれているところは変わっていません。

 ちなみに私はTACの受講生だったので、TAC主催の合格祝いのパーティーに参加できました。会場が帝国ホテルだったので、美味しい料理が食べられる♪と楽しみにしておりました。このパーティーではお洒落なドレスを着てくる女性も結構います。しかし私は当日仕事帰りだったので、地味に黒いスーツを着て参加いたしました。ドレス着たかったなあ。。
 そしてパーティーの間、ずっと友人とおしゃべりをしていて、気が付いたらデザートが品切れになっていました。。せっかく帝国ホテルのデザートを食べられる機会だったのに。。とちょっぴり残念でした。。
 後日、TACの受講生宛に送られてくる冊子を見てみたところ、帝国ホテルのパーティーの様子が掲載されておりました。そして、よく見たら、私が嬉しそうにお皿を持ってビュッフェの食事を取りに行く写真が載っておりました。。ちょっと恥ずかしかったです。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

永井知子 / Tomoko Nagai

 特定社会保険労務士。一般社団法人 未来友 国際労務アドバイザー。青山学院大学大学院 法学研究科修士課程(ビジネスロー)修了。外国人技能実習適正化事業 適正化指導専門家。
 2004年社会保険労務士試験に合格。アウトソーシング会社で10年以上、主に外資系企業の社会・労働保険手続、給与計算、労務管理などを担当。会社員として勤務しながら、雑誌の記事執筆、書籍の出版、セミナー講師などを数多く経験しているが、そのほとんどは会社経由での依頼ではなく、指名での依頼。
 外資系企業・外国人経営者・従業員向けの英語対応、英文雇用契約書・英文就業規則、労務コンサル、人事・評価制度作成、海外赴任規程作成、給料計算、上場を目指す企業の労務監査、確定拠出年金制度の導入サポートなど幅広い業務に対応。