FC2ブログ

学割のメリット

その他
01 /13 2017
私は大学院生でもあるのですが、学生で得することも結構ありました。
学割のメリットで代表的なものは、やはり通学定期券が買えることです。勿論、通学の区間の範囲までが対象ですが、普通に運賃払うよりかなり安いのはありがたいです。
帰省時の新幹線代も学割対象になります。チケットショップで買うよりも、若干お得になります。

あとは映画や美術館などで学生料金が適用されることも多いです。社会人学生だと本当に忙しいので、あまり行っている時間はないですし、映画だと前売りやレイトショーでは学割より安くなるしで、実際はそれほど利用できませんでしたが、たまに学割を使うと、ラッキー♪と思いました。

何よりありがたかったのは、大学のポータルサイトから、いろいろな検索サイトが使えたことです。中でも判例データベースは仕事でもかなり利用しました。有料サイトのため個人で加入すると費用が結構かかるので、これらが無料で使えたのは本当に有難かったです。

なお最近知ったのですが、ファイナンシャルプランナーの年会費も学割になります。(年12,000円→6,000円)ただし締切りまでに必要書類を提出しないといけないため、残念ながら私はこの制度は使えませんでした。。

その他、学内のWi-fi(結構強力です)が使えること、購買で書籍が一割引になること、などなど、有難いことはたくさんありました。修士課程を修了したら、これらの便利な制度は使えなくなると思うと寂しいです。とはいえ、授業料の方が高いですし、論文では寿命が縮まるほど体力消耗したので、今はやはり早く修士課程を修了したいです。。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

永井知子 / Tomoko Nagai

 特定社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー。青山学院大学大学院 法学研究科修士課程(ビジネスロー)修了。外国人技能実習適正化事業 適正化指導専門家。
 2004年社会保険労務士試験に合格。アウトソーシング会社で10年以上、主に外資系企業の社会・労働保険手続、給与計算、労務管理などを担当。会社員として勤務しながら、雑誌の記事執筆、書籍の出版、セミナー講師などを数多く経験しているが、そのほとんどは会社経由での依頼ではなく、指名での依頼。
 外資系企業・外国人経営者・従業員向けの英語対応、英文雇用契約書・英文就業規則、労務コンサル、人事・評価制度作成、海外赴任規程作成、給料計算、上場を目指す企業の労務監査、確定拠出年金制度の導入サポートなど幅広い業務に対応。
趣味・特技はタロット占い。出張先にもタロットカード持って行きます。