FC2ブログ

中国の労災(通勤中の災害)

海外人事
03 /08 2017
 今日、中国の人事・労務セミナーで、労災保険について興味深いことを聞きました。日本の場合は、通勤の途中に経路を逸脱し、又は中断した状態でケガをしたような場合は、労災の対象にならないのですが、中国の場合は逸脱・中断に関係なく、通勤中の災害は労災の対象になるそうです。例えば日本の場合、会社帰りに友達と飲みに行ってしまった後、自宅まで帰る途中にケガした場合、労災対象にはならないのですが、中国だと飲みに行った帰りのケガも労災対象になりえるのですね。(ただし、実際のところ細かい要件の確認等は必要でしょうし、絶対労災対象と断言できるものではないですが)
 海外の労働法や人事労務についてのお話を聞く機会が多いのですが、国ごとにルールが違っていて(当たり前ですが)興味深いです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

永井知子 / Tomoko Nagai

 特定社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー。青山学院大学大学院 法学研究科修士課程(ビジネスロー)修了。外国人技能実習適正化事業 適正化指導専門家。
 2004年社会保険労務士試験に合格。アウトソーシング会社で10年以上、主に外資系企業の社会・労働保険手続、給与計算、労務管理などを担当。会社員として勤務しながら、雑誌の記事執筆、書籍の出版、セミナー講師などを数多く経験しているが、そのほとんどは会社経由での依頼ではなく、指名での依頼。
 外資系企業・外国人経営者・従業員向けの英語対応、英文雇用契約書・英文就業規則、労務コンサル、人事・評価制度作成、海外赴任規程作成、給料計算、上場を目指す企業の労務監査、確定拠出年金制度の導入サポートなど幅広い業務に対応。
趣味・特技はタロット占い。出張先にもタロットカード持って行きます。