FC2ブログ

採用適性検査

人事労務
03 /29 2017
 今日は、採用適性検査ツールを販売している企業の方とお会いしました。このテストは、人材適性やストレス耐性などを把握する検査です。既に就労している従業員に受験していただき、適正配置に利用できますが、採用の段階でリスクのある人材を洗い出すための利用もできます。
 企業の経営者や人事担当者から、従業員を採用し実際に就労していただいた後で、企業の求める人材に合わなかった等の相談を受けることが本当によくあります。ただし日本の労基法では、従業員に退職していただくことは簡単にはできないため、採用時に企業・応募者の双方でお互いをしっかり見極めることが大切になります。そのために、内定前の採用適性検査やバックグラウンドチェック等は、多少手間や費用がかかってもやっておく価値はあると思います。勿論、適性検査だけで判断できるものではないので、あくまで補助的な効果ではありますが。
 今日はその採用適性検査を実際に自分で受けてみました。協調性・順応性・指導力・使命感なども数値で表れるため、どんな結果が出るか結構ドキドキでした。自分は欠点の多い人間ですし、過去に何度か転職してますので、我慢が足りないとか出たらどうしよう…などと思っておりました。が、結論から言うと「非常に良い結果となりました。これだけバランスの良い結果は滅多に出現しないと思っております。」とのコメントを頂ける結果となりました。(念のため、欠点がないというわけではなく、バランスが良いということで、特段優秀でもないということです、笑。)いい結果が出るのは逆に意外だったのですが、年を重ねるごとに穏やかになったり、物事を客観的に見られるようになった自覚はあるので、そのためかなと思います。
 この採用適性検査はさほど高額ではありませんので、採用時にこういったツールを利用するのも良い方法と思います。
 


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

永井知子 / Tomoko Nagai

 特定社会保険労務士。一般社団法人 未来友 国際労務アドバイザー。青山学院大学大学院 法学研究科修士課程(ビジネスロー)修了。外国人技能実習適正化事業 適正化指導専門家。
 2004年社会保険労務士試験に合格。アウトソーシング会社で10年以上、主に外資系企業の社会・労働保険手続、給与計算、労務管理などを担当。会社員として勤務しながら、雑誌の記事執筆、書籍の出版、セミナー講師などを数多く経験しているが、そのほとんどは会社経由での依頼ではなく、指名での依頼。
 外資系企業・外国人経営者・従業員向けの英語対応、英文雇用契約書・英文就業規則、労務コンサル、人事・評価制度作成、海外赴任規程作成、給料計算、上場を目指す企業の労務監査、確定拠出年金制度の導入サポートなど幅広い業務に対応。