FC2ブログ

電子申告・納税 納税の利用率 6%どまり…だそうです

その他
01 /08 2018
 今日の日経新聞によると、国税の電子申告・納税サイト「e―Tax(イータックス)」や地方税の「eLTAX(エルタックス)」を経由して電子納税をしている人は6.6%にとどまるそうです。
 確かに住民税を例にとってみれば、郵便切手代や郵送の手間はかかるものの、給与計算ソフトで支払報告書は簡単に作れるし、eLTAXの使い方を苦労して覚えるより、慣れたやり方で作業したほうが早いものなあ。。私が担当しているクライアントさんでも、市区町村から送付される納付書を金融機関に持ち込んで納付しているところが多いし。。
 なんて思わずネガティブなことを書いてしまいましたが、給与計算でいえばクラウド型のシェアは上がってきているように、将来的には電子申告・納税の利用率も確実に上がってくると思います。郵便代はかからないし、オフィスのパソコンで処理が完結できるなら、慣れればこっちの方が断然便利です。
 税金の部分は税理士さんの分野ではありますが、社労士側も給与計算作業等で関わることがありますから、うまく連携して、お客様に「ラクになって良かったなあ」と思っていただけることを目指したいですね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

永井知子 / Tomoko Nagai

 特定社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー。青山学院大学大学院 法学研究科修士課程(ビジネスロー)修了。外国人技能実習適正化事業 適正化指導専門家。
 2004年社会保険労務士試験に合格。アウトソーシング会社で10年以上、主に外資系企業の社会・労働保険手続、給与計算、労務管理などを担当。会社員として勤務しながら、雑誌の記事執筆、書籍の出版、セミナー講師などを数多く経験しているが、そのほとんどは会社経由での依頼ではなく、指名での依頼。
 外資系企業・外国人経営者・従業員向けの英語対応、英文雇用契約書・英文就業規則、労務コンサル、人事・評価制度作成、海外赴任規程作成、給料計算、上場を目指す企業の労務監査、確定拠出年金制度の導入サポートなど幅広い業務に対応。
趣味・特技はタロット占い。出張先にもタロットカード持って行きます。