FC2ブログ

書籍「海外赴任者の労務―給与・社会保険・労働保険」

セミナー・執筆
08 /06 2018
もう6年ほど前に出版した書籍ですが、今でもお問い合わせや感想を頂くことがあります。海外赴任について書かれた書籍はいくつかありますが、社会保険・労働保険・給与計算にフォーカスした、社会保険労務士が執筆した書籍です。
この分野はそもそも法での明確な定義があまりないことから、年月経過しても法改正で取り扱いが変わった…という点はあまりありません。しいていえば年金機構から「海外勤務者の報酬の取扱い」というリーフレットが出たので、赴任者の標準報酬月額を判断する際には、このリーフレットも合わせてご覧いただけるとよいかと思います。

日本年金機構「海外勤務者の報酬の取扱い」

書籍「海外赴任者の労務ー給与・社会保険・労働保険」
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

永井知子 / Tomoko Nagai

 特定社会保険労務士。一般社団法人 未来友 国際労務アドバイザー。青山学院大学大学院 法学研究科修士課程(ビジネスロー)修了。外国人技能実習適正化事業 適正化指導専門家。
 2004年社会保険労務士試験に合格。アウトソーシング会社で10年以上、主に外資系企業の社会・労働保険手続、給与計算、労務管理などを担当。会社員として勤務しながら、雑誌の記事執筆、書籍の出版、セミナー講師などを数多く経験しているが、そのほとんどは会社経由での依頼ではなく、指名での依頼。
 外資系企業・外国人経営者・従業員向けの英語対応、英文雇用契約書・英文就業規則、労務コンサル、人事・評価制度作成、海外赴任規程作成、給料計算、上場を目指す企業の労務監査、確定拠出年金制度の導入サポートなど幅広い業務に対応。